限界2012年01月31日 01時22分

俺が男だからできることがあって

センセイだから心を許してくれて

でも男だから限界があって



どうすればいいのか解っていて

でもそれは禁じ手で



いくら俺が常識にとらわれない変なやつでも

どうしても限界がある




かわいい娘たち

小さな幸せでもいい
幸せになってほしい



悩んだ姿

泣く姿

辛そうな顔


見るのは俺も辛いけど

俺がぜんぶ手伝ってしまったら
当人が解決できる力を奪ってしまう

いつも、いつまでも見ているわけには行かないんだから
自分で解決する力を付けてほしい


でも、手を貸さないで壊れてしまうのなら
その前に手をさしのべたい







いちばん辛いその時に
一人になりたがる子

やっとの思いで支えているそれが
ちょっとの力で折れてしまうからだよね

折れて頼ってしまったら
すべてが壊れてしまうからだよね

その可愛い手で
必死で支えてきたんだよね
折れそうな心
傷つきやすい心

一度頼ってしまったら
もう頼らずには生きて行かれない

だからナマの姿をさらすわけには行かない
たとえ俺に読まれているのを知っていても


そして俺は、
彼女の一生を支えることはできない

だから ここにおいで と言うわけにいかない


ほんとうは思いきり泣かせてあげたいんだけど






愛しているよ

かわいい娘

本当の父親には及ばないかもしれないけれど


愛しているよ




一生彼女を支えてくれる男が現れるのを
望んで止まない

これだけは 父親じゃないから思えること


でも、愛しているよ

娘のように

ほんとうの娘のように