明日は大切な日2011年10月09日 22時30分

明日は記念演奏会。
大切な日。

それは、俺からうちの奥さんへのプレゼントだから。

明日はうちの奥さんに主役になってほしい。

うちの奥さんは声楽家。
もう、還暦を過ぎると次第に筋力が衰えて、歌える歌が限られてくる。
長い時間歌い続けることも難しくなってくる。
だから、今のうちにみんなに祝福されて自分が主役になる演奏会をさせてあげたかった。
でも、単独ではなかなかリサイタルっていうのは難しい。
そんなに集客もできない。
……だから、俺とのジョイント。

合唱団の人たちが協力してくれて、卒業生たちが手伝ってくれて、みんなが聞きに来てくれる。
でも、明日は俺が主役じゃないからね。
うちの奥さんの歌を聞いてあげて。
うちの奥さんを主役にしてあげて。

みんなで聞いてほしい。
うちの奥さんの歌を。

もちろん、二人のラブラブぶりは、最初から最後までたっぷり見せてあげるさ。

今回俺がプレゼントして一緒に演奏する3曲の歌。
1曲目は結婚1年前の誕生日に俺がプレゼントしたのと同じ和歌を使った曲。もちろん恋の歌。
2曲目は「私にとって最後の場所。愛するのはあなた」っていう曲。
3曲目は「産まれる前からの約束だったように、私とあなたはいつも一緒にいる」っていう曲。
俺たちのどっちが先に死んでも、葬儀で流れるのはこの3曲。「死ぬまでも、死んでからも一緒だよ」っていう俺の愛情宣言さ。

ステージに上がる人も、聞きに来る人も、みんな俺から奥さんへのプレゼントにつきあわせちゃうけど、いいよね。


なんか、珍しく俺が緊張してるよ。
あした、いい演奏会になるといいな。

神川へ2011年10月04日 20時41分

今日は神川町まで行って、小学校4年生の合唱指導をしてきた。
家から神川まで車で1時間20分。
……遠いね。埼玉県も広いよ。

子供たちははじめちょっと緊張していたみたいだけど、すぐになついて元気に歌い始めた。
45分授業の2時間連続。
飽きちゃうんじゃないかと思ったけど、途中の休み時間に男の子たちと遊んだり、歌い方についていろんな方法で試したりしていたら、あっというまに終わってしまった。
先生たちにも喜んでもらえたし、よかったよ。

帰りは上里の横関酒造でお酒を買って帰ってきた。
……あの庭にあった石は何物なんだろう?
店の庭に、平安時代から祀られてるっていう石があった。
今までは店の奥に庭があったから気がつかなかったんだけど、道路が改修になって今までと逆方向から店に入る形になったので気がついた。
今度行ったときに、もっとしっかり見てこよう。

予定がいっぱい2011年10月03日 18時56分

10日の演奏会前だっていうのに、予定がいっぱい。
うちの奥さんからはデュエットや俺が伴奏する曲を練習している時間がないって言われている。

明日は神川まで行って小学校の合唱指導。
木曜日は中学校で合唱指導。
土曜日は教え子の結婚式。
日曜日はコーラスの練習が3つに、翌日の本番を控えてホールの仕込みとピアノ調律の立ち会い。
……たしかに忙しいよね。

当日のリハーサルや本番の進行台本を作ったり、各係の仕事のマニュアルを作ったり、いろんな掲示物の準備をしたり。
……結局俺以外、こういうコンサートの企画立案をできるメンバーがいないから、全部俺がやることになる。
まあ、もともとこういうことは好きだし、面白いからいいんだけどさ。

問題は、練習時間の確保かな?

松女引退2011年10月02日 18時49分

午前中、松女の音楽室で10日のSonoの会のための練習をした。

松女は、退職後も箏曲部の全国大会、音楽部の夏合宿、コンクール県大会、コンクール関東大会とずっと関わってきて、音楽室でも練習も何度も行ったけど、今日が最終回。
退職後半年経って引退ということになる。
今のところ、このあとの部活指導の予定はない。

松女の音楽室にはあと1回だけ行く予定があるけど……。
12月12日に俺が講師になって高校の音楽の先生を対象にした文化箏の講習会を予定していて、その会場が松女音楽室。
これが音楽室を使う最後になるかな。
もちろん、音楽部でも箏曲部でも指導者として呼ばれれば喜んで行くけどね。

いい天気2011年09月28日 20時10分

今日は小学校で合唱指導。
近くの小学校だったので、自転車で行って、帰りは川の土手をのんびり走って来た。川では鴨が日向ぼっこをしていて、土手からはバッタが次々に飛び出した。

田舎はいいね。



気に入られたみたいで明日も来てほしいって言われた。器楽も見てほしいんだって。
夕方から鶴ヶ島の中学校との打ち合わせで、その前が空いていたから行くことにした。
今日は合唱連盟の指導者派遣で行ったんだけど、明日はボランティア。

関東大会2011年09月25日 21時51分

関東合唱コンクール高校の部。

埼玉、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬の関東5県に山梨、静岡、新潟の3県を加えた9県の代表が集まる。
今年は俺がこの春まで顧問をしていた松山女子高校と母校の大宮高校がともに関東大会に進出。
俺は退職後も時々指導に行っていた松女に同行して大会に行ってきた。

朝、松女のバスで群馬の練習ホールへ。
午前中はホールで練習をして、午後から会場に。
松女はBグループ(33人以上の大合唱の部)で出演順1番。
……不利な出演順だが、仕方がない。
午前中、良い感じで練習できていたので期待して聞いていた。
ホールは残響が少なく、横広のホールで合唱には不利。
松女より前に歌ったAグループ(32人以下の小合唱の部)では声が思うように飛んでいない合唱団が多かった。
松女は歌い出しからまずまずの演奏。
課題曲が終わって、自由曲になるとさらに表現が良くなって、良い感じで演奏ができた。
演奏順1番でなければ金賞確実という演奏だったが、なにぶん1番は以降の合唱との比較基準で厳しめの評価をされ、どうしても不利になる。

大宮は出演順は良かったのだが、それが生かされずにぎこちない演奏。
それでも埼玉県代表だけあって、他県と比較すればまずまずといったところ。

やはり埼玉県の合唱はレベルが高い。
関東大会で銀賞が取れそうな演奏をしても県代表になれない学校がいくつもある。層が厚い。

結果として松女は6位金賞、大宮は15位銀賞。
Bグループからは5団体が全国大会に進み、松女は次点で涙をのんだ。
Bグループは上位を埼玉県代表が独占し、全国大会に進んだ5団体のうち4団体が埼玉。上位11位までほとんど埼玉が独占し、わずかに3校だけが埼玉以外という結果になった。

ということで、一日関東大会につきあって帰ってきた。


さて、次は男声コーラスフェスティバル。その次が自分たちの演奏会だね。

忙しい2週間が始まる。

ながら練習2011年09月21日 23時28分

10分弾いたらもう飽きて他のことを始めるっていう俺のピアノ練習。
でも、そんないいかげんな練習でもなんとか伴奏が弾けるようになってる。

……M☆Girlsって、俺に似たのかな(笑)



本番まであと3週間あるって思って、いいかげんな練習してたけど、よく考えたら、もうそろそろきちんとできないとうちの奥さんとの合わせ練習ができない。
うちの奥さんは俺と違って2時間とか3時間とかきちんと時間を取って練習していくタイプだから、そのときに俺が「まだ弾けない」っていうんじゃ困るわけで………。


というわけで、明日の午前中は演奏会プログラムの最終校正だから、午後に少し時間を取って真面目にピアノと箏の練習をしよう。



……やる気になればすぐに弾けるようになりますよ。……プロですから(笑)

昨日は2011年09月18日 22時42分

昨日の夕方、俺が坂戸高で吹奏楽の顧問をしていた頃の卒業生が退職祝いの会を開いてくれた。
久しぶりに会ったけど、イメージ変わっていないから違和感ないね。
それなりの年にはなっているんだけど、こうやって集まると気持ちは高校生の頃に戻っちゃうからね。……俺が高校の頃の同級生たちと会っても同じように昔に戻っちゃう。みんなそうなんだよね。

久しぶりに飲んで食べて話して。……二次会までたっぷり楽しんだよ。
退職祝いにもらった時計は早速居間に掛けた。


今日は午前中M☆Girls。午後は伴奏合わせ。その間にちょっと松女音部に顔を出した。

M☆Girlsは俺の演奏会の時に歌う合唱曲の練習。
前に練習用CDを渡してあったこともあるけど、4曲を一気に音取り。……やっぱり実力があるよ。2時間で歌えるようになっちゃうんだから。


伴奏合わせは俺の曲の練習。
デュエットは、俺がまだきちんと音取りができていない。……自分の曲なんだけど、9度の跳躍があったり、弱進行があったりして歌いにくい。まあ、上のパートとの絡み合いで仕方がないんだけど。
あさっての牧野先生レッスンまでにはなんとかするよ。

夜はちょっとだけ自分の曲の伴奏練習。
ピアノの方はなんとかなるけど、箏の方が難しい。
なんでこんな伴奏作っちゃったんだろうね(笑)

今日の1日2011年09月04日 18時55分

今日はまずコンクールから始まった。

M☆Girls
リハーサルはグダグダ。
それなのに本番での演奏はそれなり。
でも、細かい部分ではいろいろミスもあったし、練習が間に合わなくて表現どころじゃなかった。
誰も金賞がとれるなんて思っていなかったよね。


11時過ぎにはもう演奏も終わって、俺は隙間の時間を使って大宮高校へ。
文化祭での音楽部の演奏を聞いた。
コンクール自由曲。直したいところがいっぱいあった。だけど時間がなかったから、とりあえずのワンポイントアドバイス。
1時間だけでも時間をもらって指導できれば絶対良くなる。
9月の中旬までに指導に行く時間がないかなぁ。



文化祭からコンクール会場に戻って結果を聞く。
M☆Girlsは21団体中の2位で金賞。
結果だけ聞くと「おめでとう」って言いたくなるだろうけど、俺はなんかスッキリしない。
だって、金賞に値する努力をしてないじゃん。
アマチュアの中にプロが混ざっているようなもので、実力が違いすぎるんだよ。その実力は、高校時代にメンバーが努力して得たものだけどさ。
でもやっぱり俺から見たらアンフェアだよ。
M☆Girlsが上のクラスに出ていれば、どこかの銀賞団体が金賞をとれたんだよ。

やっぱり、来年からコンクールに出るのなら一般の部に出よう。
一般の部に出ている合唱団の多くは出席率問題を抱えている。学校や仕事でメンバーが揃わないっていうのは良くある。
それに対する対策として、練習回数を減らして、その代わり練習日には極力出る努力をしてくれというところと、毎週1~2回の練習日を設定して、少なくとも半分は出るようにしてくれというところがある。
コンクール曲も早くから練習を始める。
一般の部で金賞を取るような合唱団は「マニア合唱団」が多いから出席率もいいし、曲に対しても高校と同じようなレベルで向き合ってる。
だけど、M☆Girlsにはそれはムリだよね。
だからそこまでは求めない。
でも、自分たちの演奏レベルが一般の部でも銀賞クラスのレベルだということを自覚して、それにふさわしい行動をとった方がいい。
コンクール曲とお楽しみ曲を並行して練習して、合唱祭などではお楽しみ曲を歌うのもいい。

そこまでしてコンクールに出るのはイヤだというのなら、合唱祭に出演する他は、施設訪問とかイベント出演を中心にやっていこうよ。
コンクールに出るのなら、賞の色は何でも、納得してとりたいよ。

関東へ2011年08月27日 18時54分

松女音楽部と大宮音楽部が関東大会出場を決めた。

松女は出演順1番という悪条件の中、よく関東を決めた。
今まで出演1番で関東大会に行ったのは、昨年全国大会に行った松伏だけ。
それだけ出演1番っていうのは不利なんだよ。

だいたい、高校の部だけで36校も出る地区コンクールなんて、全国見渡してもほとんどない。
……っていうか、支部大会、全国大会でも審査はAの部、Bの部に分けてやるから、埼玉みたいにAB一緒に通しで36団体もの審査なんて、審査員がほとんど経験していない。
何回か埼玉や東京の審査を経験してる人は多団体の審査の要領がわかっているからまだいいんだけど、そうじゃない人はどうしても審査がブレる。
今年はじめて埼玉の審査をした女性審査員の先生なんかその典型で、見事に後半に高得点が固まってる。

今年は宮ちゃんとほのべぇに救われたね。
宮ちゃんはさすがに基準がブレずに見事な審査をしている。
ほのべぇはもともと松女タイプの演奏が好きな人で、以前にも松女に1位を付けたことがある。


逆に大宮音部は出演順に救われたね。
演奏もよかったけど。とくにソロはよかったね。
だけど全体のまとまりはもうひとつ。
伊奈学、栄東、小松原といった銀賞上位との差はほとんどなかった。
それでも関東では銀賞くらいの演奏だったけど、出演順が前の方だったら今年は危なかったね。←これが埼玉のこわいところ


ともかく愛する松女と可愛い大宮の後輩たちがともに関東大会出場を決めたのは嬉しい。
川越には特別な思い入れはないんだけど、これまでの関わりもあるからついでに喜んであげよう(笑)

さて、次は目指せ全国だね。